フェンスの外構工事はした方が良い? 押さえるべきポイントをご紹介

フェンスの外構工事をすると、隣の家との隔たりが作れるため、プライベートな空間を確保できます。外観の見栄えも良くなるため、マイホームを持つ方は、フェンスの外構工事を一度検討してみてはいかがでしょうか。

フェンスの外構工事をするメリット

フェンスの外構工事をすると、あらゆる面で住み心地の良い家を目指せます。のぞき見を防止する、セキュリティにも優れた外観になりやすいです。

ここでは、フェンスの外構工事をするメリットについてご紹介いたします。

プライバシーが守られる

外を歩く人の目線をブロックするため、プライベートな生活空間が保たれやすいです。

家の窓が道路沿いに面している場合、換気の際、周りの目が気になります。リラックスタイム中に、道ゆく人と目が合うと、気まずい思いをすることでしょう。中には、外の目を気にして一日中カーテンを敷きっぱなしにする方もいます。

フェンスの外構工事をすることで、こうした悩みを一定解消できます。

庭をプライベート空間にできる

フェンスにより庭のプライベートが守られるため、他者の目線が気にならなくなります。庭にテーブルと椅子を置いて、優雅なティータイムを楽しむなどできるようになります。

フェンスがちょうど良い日陰を作るため、ゆったり読書をするのも良いでしょう。トマトやオクラを育てるなど家庭菜園もできます。

オシャレに見える

家の外壁にホウキなどを立てかけておいても、すべてフェンスが隠してくれ、スタイリッシュに見えるため、オシャレなイメージを保ちやすいです。外壁に破損している部分があっても、綺麗に見せてくれるでしょう。家の外観をかっこよく見せたい方に、フェンスの外構工事はおすすめです。

洗濯物を乾かしやすい

女性の方なら特に、衣類を干す位置に気を遣う方も多いことでしょう。下着や目につきやすい派手な服は、全て部屋干ししている方もいらっしゃると思います。

フェンスがあると、道ゆく人の視線を遮るため、プライバシー空間が保ちやすいです。そのため大量の洗濯物も、誰の目も気にせず物干し竿にかけておけます。

フェンスの外構工事をするデメリット

フェンスの外構工事をするメリットは多いですが、少なからずデメリットも存在します。良い点、悪い点を熟知した上で、外構工事を検討していきましょう。

日当たりが悪くなる場合がある

フェンスの影ができるため室内にいると暗さを感じる恐れがあることです。快晴の日でも、日当たり良好とはならない場合があります。洗濯物を干す際も、時間帯や置く場所によっては乾きにくい場合も出てきます。なお、フェンス自体が低い場合、そこまで日当たりの問題に悩まされる心配はありません。

カビが生えやすい

フェンスの地面に近い部分がカビによって黒く汚れる場合があるので気を付けましょう。

カビを放置すると、フェンス自体が使い物にならない場合が出てきます。もともと日当たりが悪い場所にはフェンスを立てないように気をつけたいところです。

また、施工したフェンスの形状によっては風通しも悪くなるため、室内の換気に時間もかかりやすいです。なお、こまめな掃除でカビは防げます。

フェンスの外構工事におすすめの素材 

フェンスの外構工事におすすめの素材は以下となります。

・アルミ製

・鉄製

・木製

・竹垣

アルミ製は、どのような系統の家とも相性が良いです。丈夫で、値段も安価なものが多いため、迷ったらこれがおすすめです。

鉄製は、風通し、日当たりを遮りにくい特徴があります。隣の家と明確な境界線を作りたいなど、スペースを確保するために役立ちます。

木製は、カントリー調の特徴があり、家の外観をオシャレに仕上げやすいです。外国風の家で暮らしている方におすすめです。 

竹垣は、和風の落ち着いた印象に仕上げやすいです。和テイストの家に非常にマッチします。

素材の特徴を知った上で、適切なものを選んでください。

フェンスの外構工事をする際のポイント

フェンスの外構工事をする場合、失敗しないために、自身に合う業者を選ぶことが大切です。

何のために外構工事をするのか目的を明確にする

まずフェンスを施工する目的を今一度振り返りましょう。「みんな作っているから」「なんとなく欲しい」という理由のみで動いてしまうと、フェンスの造りや素材によって特徴が異なるため満足いくものは見つけられません。理由を明確にすることで、家の状態に合うフェンスがわかります。

室内が外から見えないようにしたい方は、高さがあるアルミタイプがおすすめです。隣の家と境界線を作る目的の場合、隙間がある鉄製タイプがぴったりです。フェンスの外構工事をする目的は明確にしておきましょう。

外フェンスの見本図を比較する 

タイプが異なるフェンスの見本図を見比べる方法です。実際に目で見て確かめると、理想とするものがわかりやすいです。たとえば白い外壁の家には、明るい色のフェンスがおすすめです。

近所を歩いてみて、どのタイプのフェンスが多いか確かめる方法も参考になります。フェンスの完成品を見比べることで、自身の家にマッチするものが見つかりやすいです。

料金プランがはっきり記載されているか確認する

「◯円〜」のような曖昧な表記ではなく、明確に記載されている業者に依頼しましょう。わかりにくい料金プランの業者は、オプションと称して、料金を割り増す可能性があります。また、そもそも料金が書いていない会社も避けた方が無難です。

ホームページの料金欄の外側に小さく注意書きをしている場合もあるので、隅から隅までチェックし、当初の予算額をオーバーしない会社であるか、確認していきましょう。

口コミを確認する

実際に利用した人の感想を参考にして、依頼するか決めていきましょう。日付が最近のものほど、リアルな感想を得られることが多いです。「良かった」などの抽象的な感想よりも「短時間で外構工事を終わらせてくれた」などの、具体的なエピソードを参考にしてください。

また、悪い口コミが一つも見当たらない業者もリアルな口コミが分かりづらい恐れがあります。SNSなどで「会社名」と「フェンス」で検索すると、本音が垣間見られる口コミがわかりやすいです。

地域専門のプロに依頼する

仲介手数料を最小限に抑えられるため、料金もお得に済みます。また、一人一人のお客様に対して親身に相談に乗ってくれる業者も多いです。わからない点についても、しっかり確認しやすい雰囲気があります。

事前に見積もりをしてくれる業者か確認する

作業に取り掛かる前に見積もりを出してくれるかも確認してください。オプションと称して、追加料金を取る業者も、中にはあります。また内訳がわかりやすい見積もりを出してくれるかも、信頼できる業者であるか判断する上で大事です。

複数の会社の料金を見比べるのもおすすめです。安価と感じた会社も、後から見ると相場にあった金額であることがわかる場合もあります。心から納得した上で、プロの業者に外構工事を依頼していきましょう。 

フェンスの外構工事をおこないたい場合、プロの業者に依頼をする方法がおすすめです。地域密着型の業者は仲介手数料を抑えて外構工事がお願いできる可能性があります。