防水工事とそれぞれの特徴

初めに

今回は防水工事についてご説明させていただきます。塗料を塗ることで防水効果は得られますが、それだけではきっちりとした防水をしていることにはなりません。その防水工事にはさまざまな種類があります。

防水工事の目的とは?

防水工事の最大の目的は「家を雨から守り、建物の強度を保つこと」ということです。木造建築の場合、家に雨や水の侵入を許してしまうと、そこから腐食したり、白アリの発生させてしまったり、建物に重大な損害を与えてしまうことになります。コンクリート造りの家では雨が入ってしまうと中性化してしまい、鉄筋が錆びを起こしてしまいます。木造建築でもコンクリート造りの家でも雨水の侵入を許すと、著しく耐用年数に影響してくるわけです。外壁塗装とは違い、目に見えないものですが、防水工事というのはとても大切なことなのです。

防水工事の方法

塗膜防水

塗膜防水とはアクリル、ウレタン、ポリエステルなどを原料にした塗料を重ね塗りする工事のことです。塗料を塗る作業なのでひび割れなどの対応に向いています。この作業が外壁塗装工事と見分けがつかないと言われている所以です。

シート防水

塩化ビニール樹脂などの素材のシートを施工箇所に着けて防水する工事です。シート防水には密着工法と機械固定法があり、密着工法はまだ雨漏りしていない箇所に向けてのものです。機械固定法は専用の機械を使ってシートを接着する工法で、こちらは雨漏りをしている家にも対応しています。施工個所の条件にあっていないものを選んでしまうとトラブルの原因になるので、施工する場合は事前にどちらの工法にするのか確認しましょう。

FRP防水

木やコンクリートで作られた床の上にFRPシートを敷いて、そこに樹脂を塗るとプラスティックのような硬さになる工法のことです。しかし、この状態では紫外線に弱いため、その上から「トップコート」という塗料を塗ります。この工法は1~2日ほどで完成します。ちなみにFRPとは繊維強化プラスティック」の略称のことです。

雨漏りが起こす被害

たかが雨漏りですが、雨漏りを放っておくと大変なことになってしまいます。上記でも紹介しているとおり、建物が脆くなったり、錆びてしまったり、その他には家電が濡れてしまい、

漏電による火災の発生も考えられます。湿気が多くなるとカビが発生してアレルギーなどの人体の影響も考えられます。

最後に

今回は防水工事について説明させていただきました。

もしかすると、このブログの内容が難しかった、理解できなかったと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

その時は、私たち株式会社ネオテックスにご相談していただければすぐに対応させていただきます。

一度ご自宅に訪問し、無料のお見積りを出させていただきます。ご満足いただけるよう私たち一同頑張りますので、お気軽にご連絡ください。

友だち追加