屋根の種類について

初めに

外壁塗装だけではなく、屋根にも塗装をしています。目が届かないところなので、メンテナンスを怠ってしまいがちですが、屋根塗料は日々紫外線などのダメージを受けているのです。
屋根の素材には瓦などさまざまあります。今回は塗装が必要な屋根と塗料の種類についてご説明いたします。

塗装が必要な屋根

1.スレート

スレートとは粘板岩のことを指します。それを屋根の材料に加工したものがスレート屋根です。価格が安くデザインが豊富です。

2.セメント屋根

以前は多くの住宅で使用されていました。耐火性に優れており、安価なのが特徴です。しかし、日光などを浴びるとひび割れを起こしやすい特徴もあります。

3.ガルバリウム

総合力の高い材料だと言われています。軽量で耐用年数が長く、金属鋼板を曲げることで、デザイン性を持たせることができます。しかし、ガルバリウム合金自体には断熱性が低く塗装などが必要となってきます。

4.トタン

古臭いイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、実は耐震性に優れていて地震が来ても建物に大きなダメージを与えません。ほかの屋根材に比べて材料費と工事費が安いですので、安く済ませたい方におすすめです。

最後に

今回は屋根の種類について説明させていただきました。
屋根にはいろいろな素材があるだけではなく、塗料もさまざまあります。今回は書ききれなかったので、次回のブログにて屋根塗装について書いていこうと思います。
もしかすると、このブログの内容が難しかった、理解できなかったと感じている方もいらっしゃるかもしれません。
その時は、私たち株式会社ネオテックスにご相談していただければすぐに対応させていただきます。
一度ご自宅に訪問し、無料のお見積りを出させていただきます。ご満足いただけるよう私たち一同頑張りますので、お気軽にご連絡ください。

友だち追加