塗料には、実にさまざまな種類があり、その分類はとても多様です。
シリコンやアクリル、フッ素といった種類の違いはもちろん、
油性なのか水性なのか、外壁用なのか屋根用なのか、
こうした違いによっても耐久年数や費用などが変わってきます。
そのため外装工事などで最適な塗料を選ぶには、
確かな知識と技術が必要となります。

言い換えれば、一般の方がリフォームなどされるとき、
工事業者から「この塗料がおすすめですよ!」と言われても、
それが本当におすすめなのか判断するのは困難です。
そのため、中には悪徳な業者が不必要に高い塗料を提案して、
不当な工事費用を請求しているといったケースも残念ながら起こっています。

これからリフォームなどお考えの方は、
ぜひ塗料について正しく理解しておいてください。

塗料の分類の全体像

まず塗料がどのように分類できるのか、全体像を把握しましょう。
塗料の分類は、

  • 機能
  • グレード(品質レベル)
  • 塗料の薄め方
  • 硬化剤が必要かどうか

大きくこの4つの要素によって決まります。
全体像を図にすると、こうなります。

塗料の機能について

こちらの図の左の項目から順番に説明していきます。まずは機能です。
塗料の機能には大きく3つあります。

  • 色をつけたり、ツヤを出したりする(顔料)
  • 塗った時に垂れたり、ムラができたりするのを防ぐ(添加剤)
  • 雨風や紫外線などから建物を守る(樹脂)

また図の中では「その他」に分類したラジカル制御型塗料や無機塗料も、
基本的な役割は樹脂系塗料と同じです。

今回は主に樹脂系塗料についてお伝えします。

塗料のグレードについて

グレードとは、簡単にいえば塗料の品質です。
樹脂系塗料のグレードには、次の4種類があります。

  • アクリル
  • ウレタン
  • シリコン
  • フッ素

下にいくほどグレードが高い(品質が良い)塗料です。
日本ではシリコンが最もよく使われています。
それぞれのグレードの主な違いは、次のとおりです。

アクリル塗料のメリット・デメリット

アクリルは、安くて使いやすいかわりに、色あせやひび割れを起こしやすいです。
また耐久年数が短いためメンテナンスの回数が多く、そのぶんランニングコストがかかります。
そのため、トータルコストを見た時に、シリコンやフッ素より割高になる可能性もあります。

ウレタン塗料のメリット・デメリット

ウレタンは、少し前まで主流だった塗料です。今でも十分に実用性があります。
特徴は、塗膜が柔軟なため割れにくい点です。
そのため、ひび割れしやすい外壁などを保護する目的で使われます。
また値段もそこそこ安く、使いやすい点も好まれています。
ただ汚れや変色に弱く、耐久年数が短い点がデメリットです。

シリコン塗料のメリット・デメリット

シリコンは、現在主流の塗料です。耐久年数と費用、機能性などを
トータルで考えたとき、最も実用的な塗料といえます。
特徴としては、カビや汚れに強く、光沢があって綺麗に見えます。

1液型だとメリットが得られないという声も聞かれますが、
今は1液型と2液型の差はほとんどないので、まず心配ありません。

フッ素塗料のメリット・デメリット

フッ素は、耐久性に優れる塗料です。イニシャルコストはかかりますが、
メンテナンス回数が少ないため、ランニングコストは抑えられます。
そのため、手間やコストをトータルで見た場合、優秀な塗料といえます。

塗料の薄め方について(油性と水性の違い)

塗料は、薄め方によって2つに分かれます。

  • 油性(溶剤)
  • 水性

両者の違いは、塗料をシンナーで薄めるか、水で薄めるかです。
シンナーを使う塗料は油性、水を使う塗料は水性となります。

溶剤にもさまざまな違いがあり、
アクリルシンナーやウレタンシンナーなどを使う油性塗料を強溶剤、
塗料用シンナーを使う油性塗料を弱溶剤といいます。

油性塗料と水性塗料を比較すると、次のようになります。

油性塗料 水性塗料
耐久性 優れる 油性ほどではない
寿命 長い 短い
価格 高い 安い
毒性 あり 少ない(無害ではない)
環境・人体への影響 大きい 小さい
臭い きつい 弱い(無臭ではない)
使いやすさ ほとんどの下地で使える 使えないケースが多い
備考 人体や環境への影響が大きいため、最近は使われなくなっている 無臭無害と誤解されるケースが多いが、臭いは多少あり、人体や環境への影響も少なからずある

 

塗料と硬化剤について(1液型と2液型の違い)

塗料を実際に使うとき、硬化剤が必要なものと
不要なもの(缶を開けたらすぐ使える)があります。
硬化剤が不要な塗料を1液型、必要な塗料を2液型といいます。

1液型は、塗料缶を開けて水やシンナーで薄めるだけで使用可能です。
一方、2液型は主剤と硬化剤の2缶があり、使うときにこの2つを混ぜます。
そして混合した塗料を水やシンナーで薄めて使います。
2液型のほうが手間と時間がかかる一方、
耐久性に優れる、塗る場所を選ばないといった利点があります。

1液型と2液型を比較すると、次のようになります。

1液型 2液型
値段 安い 高い
使いやすさ 簡単 混ぜる分量の調節など手間がかかる
保管性 余ったぶんを次の日にも使える 混ぜたらすぐ使い切らなければならない
耐久性 劣る 優れる
密着性 劣る 優れる

 

1液型は、使いやすく値段も安いというメリットがありますが、
下地への密着性が弱いため、使用できる建物が限られます。
2液型は、使用に手間はかかりますが、耐久性に優れ、幅広い下地に使えます。

ただし、この比較はあくまで1液型と2液型を比較した場合です。
1液型でも実用に耐え得るだけの十分な耐久性・密着性があるので、ご安心ください。
(1液型が劣るというより、2液型がより優れているというイメージです)

特別な機能を持つ塗料について

塗料の中には、防カビ剤が入ったカビに強い塗料や、
雨で塗面の汚れを落とす親水性を備えた低汚染性の塗料など、
特別な機能を持ったものもあります。

また木の下地に使う木部用塗料、鉄の下地に使う鉄部用塗料、
さらにコンクリート用塗料など、下地の種類に合わせた
特化型の塗料も多く出ています。

工事業者はお客様のご予算やご希望、建物の状況などから、
こうした特徴の違いを踏まえて最適な塗料を選びます。

ネオテックスで使用している塗料

ネオテックスでは、次の塗料を使用しています。

■株式会社日進関西

  • GAINA

■日本ペイント株式会社

  • オーデフレッシュsi(シリコン塗料)
  • ファインシリコンベスト(シリコン塗料)
  • ファイン4Fセラミック(フッ素塗料)
  • パーフェクトトップ(ラジカル制御型塗料)

GAINAは、JAXAのロケット技術を応用して開発されたセラミック塗材で、
耐久性や耐寒性、遮音性や断熱性など幅広い面で優れる高機能性が魅力です。

オーデフレッシュsiは、シリコン塗料です。
汚染やカビに強く、幅広い建物に使える利便性も備えています。
またシリコンの弱点であるひび割れも、
日本ペイントの独自技術でカバーされた優秀な塗料です。

ファインシリコンベストも、日本ペイントのシリコン塗料です。
スレート屋根の塗替え用で、カビや紫外線に強いのが特徴です。

ファイン4Fセラミックは、フッ素塗料です。
耐候性、低汚染性、防かび性など幅広い耐性を備えています。
また外壁の種類を問わない使いやすさも魅力です。

パーフェクトトップは、ラジカル制御型と呼ばれる塗料です。
ラジカル制御型塗料とは、名前のとおりラジカルを抑制する塗料。
ラジカルとは、塗料に含まれる樹脂を劣化させるエネルギーのことで、
ラジカル制御型塗料はこれを抑制し、塗料の劣化を抑える機能を備えています。

ちなみに冒頭の図では、ラジカル制御型塗料を「その他」に分類しましたが、
塗料のベース自体は樹脂系です。そこへ酸化チタンなど特別な成分を配合したものが、ラジカル制御型塗料と呼ばれます。
誕生したばかりで歴史は浅い塗料ですが、とても優秀なため普及が進んでいます。

まとめ

塗料については以上です。いかがでしたか?
これからリフォームなどをお考えの皆さんのお役に立っていたら嬉しいです。

ネオテックスでは、建物の無料診断を随時、お受けしております。
建物を隅々まで拝見し、そもそも工事が必要なのか、どんな工事が必要なのか、
プロの目でしっかり診断させていただきます。
外壁や屋根の塗装などお考えの方は、ぜひ一度、ご相談ください!